オープニングムービーの重要性

オープニングムービーは、結婚披露宴や披露宴の二次会の新郎新婦入場の前に、場内を華やかに盛り上げるため流す動画のことです。一般的な構成は、始めの言葉、新郎の紹介、新婦の紹介、招待客への挨拶、締めの言葉、入場までのカウントダウンといった内容となります。以前は司会の方が新郎新婦の紹介などをしていましたが、最近は動画を作成するのも簡単になったため、オープニングムービーという形で流すのが一般的になってきています。

動画を作成するのは、結婚式場と取引のある専門の業者にお願いすることもできますが、外部の業者に依頼して持ち込むこともできます。また、最近は家庭でも動画を簡単に作成できるようになったため、新郎新婦やその友人が作ったものを流す人もいます。


レンタルオフィスは個人で使うことも可能

レンタルオフィスというのは、一人用の部屋が用意されているところもあるために、そういった場所でなら個人での使用も可能です。たとえばサラリーマンが自分の時間を過ごすために利用をすることもできますし、自宅では勉強のできない受験生が集中をするためにも使えます。レンタルオフィスといっても、別に無理に仕事をする必要もありませんから、貸しスペースとして使っている個人の方も多いのです。

都会では休憩スポットというのを確保しにくい場合があります。そういったときにも、レンタルオフィスはとても便利に使われています。インターネット回線もついているために、動画を見たりして時間を潰すことができるために、ネットカフェや図書館と同じような使い方ができるのです。


自作のプロフィールビデオ

結婚式の時、プロフィールビデオを自作しました。

当初はパソコンを購入した時に最初から入っているムービーを作成するソフトを使用していたが、かなり基本的な動きのみの機能しか付いていなかった為、インターネット上で配信されているフリーソフトを使用しました。正直なところパソコンに強い自分でさえ、使いこなすまでにかなりの時間を要しました。パソコンに最初から入っているソフトの方は妻でも使いこなせていたが、フリーソフトの方は最後まで使いこなす事が出来なかったです。しかし、写真と写真を重ねて表示したり、アニメーションをいれるといった機能が付いている為、手の込んだビデオを作成する事が出来た上に、自分だけのオリジナルムービーが作れた事に大変満足しています。